Monthly Archives: 9月 2019



羽根木神社秋季例大祭

神社の入口

羽根木神社の祭禮

昔ながらの雰囲気のある縁日

会場の様子

世田谷区の羽根木にある羽根木神社の例大祭で行われる奉納踊りです。

こちらの例大祭は例年9月の上旬に行われていましたが、2019年より酷暑対策で9月の最終土日に行われるようになりました。例大祭が酷暑対策で時期変更となるのは大変珍しい事ですね。

踊りは他の会場と比べても大変珍しく、踊り毎に色々な小道具を使用します。「相馬盆唄」⇒うちわ、「花笠音頭」⇒笠、「火の国太鼓」⇒綾棒、「マツケンサンバⅡ」⇒民舞カチカチ棒といった具合に色々必要で、その度に貸し出されますが数に限りがあるので、うちわは持参するようにしましょう。

櫓の周りをぐるっと囲むように出店があり、いまだに金魚すくいがある等、昔ながらのお祭り感が強くとても雰囲気の良い会場です。会場の雰囲気を壊さないように地元民を尊重して楽しみたいものですね。

(kajix)



椿ふるさとまつり

椿天祖神社の祭禮

大麻を使用した修祓をして下さる拝殿

会場の様子

江戸川区の春江にある椿天祖神社で行われる祭禮奉納踊りです。

会場となっているこちらの神社は、おまつり中拝殿に神職さんが常駐しており、お参り時にお賽銭箱前で大麻を使用した修祓をして頂ける大変有難い神社です。

盆踊りの主催は地元町会である椿親和会で、鈴波流の家元先生を始めとした先生方が踊りのリードしています。

盆太鼓が凄く、8基の太鼓をシンクロさせて打ち鳴らす様は浦安小学校の太鼓を彷彿とさせます。また「ダンシング・ヒーロー」の際は、太鼓なのにドラムを叩いていると錯覚するような斬新な叩き方をしており、とても面白いですね。

掛かる曲としては、民謡曲をメドレー形式にした「八木節(八木節/北海盆唄/ドンパン節の伴奏のみ)」や、その日当日に買いに走ったという「ダンシング・ヒーロー(80‘s ALL STAR NON-STOP BESTの為これもメドレー形式で別の曲となる)」等が色々な意味で面白かったです。

途中休憩が長いので、休憩時は町会模擬店を利用したり、お祭り自体を楽しみましょう。

(kajix)



永福稲荷神社秋季例大祭

境内入口

永福稲荷神社の拝殿

会場の様子

杉並区の永福町にある永福稲荷神社で行われる秋季例大祭の奉納踊りです。

こちらの秋季例大祭では神輿や奉納演舞がメインであり、輪踊りはそれらが全て終わってから設営して21:00終了までの時間のみ行われます。

この日は20:55ごろに設営が終わったので、残り5分程が奉納踊りの時間でした。

終了後に豪華なお土産を頂けるので有難く頂戴しましょう。

(kajix)



根津神社例大祭町内音頭会(藍染大通り)

根津神社の御祭禮

路上での盆踊り

会場の様子

文京区の根津にある藍染大通りで行われる祭禮奉納踊りです。

こちらは根津神社の氏子町会である藍染町会さんが主催する会場で、「龍神太鼓」さんが盆太鼓を担当されています。

目玉は根津のご当地曲「根津音頭」でしょうか。7分以上もある長尺の曲ですが、ワンコーラスひと踊りで手数が多く、通常の盆踊り曲では入らない手が複数入ります。

地元の方々が一重の輪の中に各々の浴衣で紛れている為、探し出すのに苦労するかもしれません。ですが、周りで踊っている踊りが地元の踊りと違う可能性があるので、しっかりと地元の正しい踊りを踊るように心掛けましょう。

(kajix)



栗原氷川神社(氷川神社御祭禮)

入口


会場の様子


西新井の栗原にある栗原氷川神社において、祭禮の一環として執り行われる奉納踊りです。
広い境内には巨大な櫓が堂々と設置されており、複数町会の方が交互に踊りをリードします。
足立区では、西新井や江北以外では町域レベルでのご当地曲というのは踊ったことがなかったのですが、こちらでは栗原地区のご当地曲である「栗原音頭」がかかります。
この「栗原音頭」、前奏部分、長い間奏部分、唄、曲終わりと振り付けが異なっており、また所作も難しめのものが多く、初見で覚えるのは大変ですがとても踊りごたえのある良い曲でした。
他にも「火の国太鼓」や「四季の花踊り」、セットリストには記載がなかった「新足立音頭」など、とても良い曲を踊ることができました。



駒込日枝神社(日枝神社御祭禮)

参道入口


会場の様子


こちらは盆オドラーの間では有名な、溜池山王にある日枝神社を勧請して創建されたとされる日枝神社の奉納踊りです。
入口が石段となっているところも赤坂日枝神社と似ていますね。
境内入口には大き目な鳥居もあります。
会場では、近くにある劇団東俳の若い方々が、「劇団東俳」と書かれた緑色の法被を着て参加されており、活気にあふれていました。
玉砂利の箇所があるので、転ばないように注意して踊ったほうがよいですね。



朝日児童遊園(天祖神社御祭禮)

会場の様子


こちらも大塚天祖神社の祭禮の一環として開催される奉納踊りです。
かかる曲数は多くはないのですが、露店も出ており多くの家族連れににぎわっていました。
こちらの周辺では数か所の奉納踊りが同時開催されているのですが、終了時刻の早いところが多いので、ハシゴの際は注意が必要です。

ちなみにこの後、巣鴨新田の宮仲公園に向かおうとしたのですが、向こうから歩いてきた盆オドラーらしき人に声をかけたところ、宮仲公園はすでに終了したとのこと(19時40分ごろ)。
その方は踊り足りなかったようで、近くの巣鴨公園にハシゴするというので同行させていただきましたが、なんとそちらもすでに終了・・・
向かう道中でいろいろお話をさせていただいたのですが、その中で「豊島音頭」について伺ってみました。
「豊島音頭」(正式には豊島民謡)がかかる会場というのはあまり聞いたことがないのですが、その方は子供のころから巣鴨にお住まいで、盆踊りが好きでとげぬき地蔵など近隣の会場にはよく行くものの、「豊島音頭」聞いたことがなかったそう。
しかしながら今回の宮仲公園ではその「豊島音頭」がかかり、生まれて初めて踊ったそうです。
なかなか希少な曲なのか、巣鴨以外ではよくかかるのでしょうかね。
なおその宮仲公園、情報では1時間もやらない感じなので、ハシゴ前提で向かったほうがよさそうですね。



巣鴨五丁目児童遊園(天祖神社御祭禮)

会場の様子


9月中旬は各地の神社で例大祭が執り行われていますが、巣鴨でも大塚天祖神社の祭禮の一環として奉納踊りが開催されています。
今回は巣鴨五丁目にある児童遊園の奉納踊りに参加してきました。
小さな児童遊園なので櫓はありませんし、輪も1つ作るのが精一杯ですが、とげぬき地蔵の盆踊りをリードする方たちが中心になっているので、かかる曲はとても楽しいものばかりです。
中でも、黒潮太鼓や、浦安と同じPV版の花火音頭などが踊れるのはうれしいポイントですね。



亀沢三丁目北斎通り路上(牛嶋神社祭禮)

会場の様子


墨田区の牛嶋神社祭礼として一斉に開催される奉納踊りのうち、亀沢三丁目の奉納踊りです。
こちらは路上での開催になるのですが、通常は路上での開催の場合、多くは道路は完全に封鎖されるのですが、こちらは完全ではなく、区内循環バスが通る場合は道を空けます。
なお一般車両は通行禁止になっているようでした。
踊りをリードしている手本の方は盆オドラーのためか、墨田区ではあまりかからないような曲もラインナップされており、十分楽しむことができます。

周辺では緑町公園や、少し北に行った本所や太平でも奉納踊りが開催されており、ハシゴしてみるのも楽しいかもしれませんね。



緑町公園(牛嶋神社祭禮)

会場の様子


墨田区の牛嶋神社祭礼として一斉に開催される奉納踊りのうち、亀沢地区にある緑町公園の奉納踊りです。
両国駅からほど近いこちらの会場では、若手青年団をはじめ複数団体が代わる代わる櫓に上がり、様々な曲を披露します。
ご当地曲の「すみだ音頭」をはじめ、当区では割と浸透している「青春ハイヤ」や、最近では「東京五輪音頭2020」に取って代わってしまった三波春夫さんが唄う「東京五輪音頭」などが踊れます。
中でもあまりかかる会場が多くない、大塚文雄さんが唄う「TOKYOスカイツリーおどり」がかかるのはうれしいですね。

開始直後はまばらだった踊り手も、時間が経つにつれて増してきて、終わりごろには3重の輪くらいになっていました。