Monthly Archives: 9月 2019



多摩湖町氷川神社(氷川神社祭禮)

会場の様子

東村山市の多摩湖町にある氷川神社で行われる奉納踊りです。

狭山公園の中にある氷川神社は丘の上に位置しひっそりと佇んでいます。静けさの中で鈴虫がリンリンと鳴き、厳かな太鼓が響く中で盆踊りを踊る事ができます。

踊りの後は直会がありますので、有り難く頂戴しましょう。

(kajix)



秋の鈴天フェスティバル

会場の様子

小平市の鈴天通り商店街で行われる秋祭りのプログラムのひとつ、納涼盆踊り大会です。

気象庁の区分で秋とされる9月に入って間もない9月の上旬に開催されますが、まだまだ気温が暑いので、納涼盆踊り大会と銘打っても全然不自然に思えません。

こちらの会場では、ご当地曲の「小平音頭」と「新こだいら音頭」が踊れます。どちらも素晴らしい曲ですので、両方掛かるのは嬉しいですね。

路上での開催ですが、交差点に太鼓ステージを置いて輪になるので、路上盆踊りという感じではなく普通の輪踊りの会場です。

(kajix)



有明小学校・中学校校庭

会場の様子


今年で4回目となる有明小学校の有明まつりですが、ここでの盆踊りの開催は今年が初となります。
有明周辺では盆踊りはほとんど開催されないため、こちらの盆踊りは希少な会場となります。
また、太鼓は葛飾区や江東区、江戸川区など、区の東側を中心に活動されている「関東やまと太鼓」のみなさんです。
途中でテンポが変わる「東京五輪音頭2020」はもちろん、「ドダレバチ」のような難しいリズムの民謡曲まで難なくこなし、踊りの輪に一層の高揚感と迫力を与えてくれます。
盆太鼓日本一コンテストの優勝常連の団体だけありますよね。



相生まつり盆踊り大会(氷川神社祭禮)

会場の入口

縁日を楽しむ人々

会場の様子

中野区の本町にある本一公園で行われる盆踊り(奉納踊り)です。

こちらは本一相生町会が主催する会場で、町会の方々が踊りのリードを行います。

まず目に入って来るのは、公園中央に置かれた滑り台を加工した櫓です。ユニークな設営ですが上手く利用して素晴らしいですね。

シートを敷いて家族で縁日を楽しんでいる方も多く、地元の方々で賑わう会場です。

(kajix)



豊玉第二町会納涼盆踊り

会場の様子

練馬区の豊玉上にある中新井公園で行われる盆踊りです。

こちらは豊玉第二町会が主催する会場で、中條秀裕先生及びご一門が踊りの指導をする会場です。盆太鼓は柴崎真光さんが創流した雅太鼓さんが担当します。

一般的な曲がメインですが、「東京五輪音頭-2020-」は他の会場と一線を画し、音源を加工して前奏を間奏に置き換え、1番から5番までの構成を均一化し、それに合わせ一部改変した振付を繰り返しで踊るという方法で行いました。

東京五輪音頭-2020-で苦労している会場は多いと聞きますが、こういった斬新な独自路線を打ち出した事に凄いの一言です。

(kajix)



西新井緑町会夏祭り

会場の様子

18:30以降は太鼓なしで

足立区の西新井にある西新井みどり公園で行われる夏祭り(盆踊り)です。

3年に1度だけ、氏子神社本祭で実施される奉納踊りが同じ公園で行われますが、こちらは奉納踊りではなく夏祭りの盆踊りです。その為奉納踊りの際には設置されている櫓や提灯も無く、大きな木の下に太鼓が設置されその周りに輪を作って踊ります。

曲目は他の会場ではなかなか踊れないご当地曲が多く、足立区をとても堪能できる会場です。また、太鼓を担当している「西新井誠竜太鼓」さんも見事な盆太鼓で盛り上げて下さいます。

18:30になると、提灯がない事によりかなり薄暗くなる為か太鼓の方々が撤収します。太鼓が撤収した後の盆踊りが、木の周りで踊るオフ会のような雰囲気なので、少し不思議な感覚で踊れます。

(kajix)