Monthly Archives: 7月 2017



高松中央公園

会場の様子


大江戸線の終点、光が丘にある高松中央公園の盆踊りです。

とても広い園内には大きな櫓が設置され、櫓の上では花柳社中の皆様が優雅な踊りを披露されています。
しかもほとんどが若い方なのに、踊りがとてもきれいで洗練されています。

マツケンサンバでは踊り手全員に綾棒が配られ、大人も子供もノリノリで踊りっていました。
他にも河内おとこ節などはオリジナルのかっこいい振付で、
北島三郎さんがうたう「まつり」など、オリジナルの振り付けも多いようです。

なお、出店も多くあり、とても美味しそうな焼き団子の屋台があったのですが、
人気だったのか、買おうとした矢先に売り切れてしまいました・・・

終盤の休憩後はリクエストの多い曲を中心にかけるようで、
30分間でマツケンサンバが3回もかかりました。

今回はほかの会場からのハシゴだったため、実際にはもっとほかの曲もかかったと思われます。



北新井公園

会場の様子


練馬区の豊玉にある北新井公園の盆踊りです。
立派な櫓では民連の先生方がしっかり踊りをリードされています。

練馬区のご当地音頭である「練馬音頭」をはじめ、今年のビクターの新曲の「踊る十二月」などがかかります。
ビューティフルサンデーやダンシングヒーローでは、親子連れも踊りの輪に入って、大変盛り上がっていました。
櫓の前に構えている揃い太鼓も迫力があって、踊りにも熱が入ります。

周辺には出店も多く出ていますから、踊りも屋台も楽しめますね。

余談ですが、花角の揃い浴衣が粋で格好良かったです。



鳩森八幡神社

会場の入口

向かいにある将棋会館

将棋の駒が収まった将棋堂

東京で最古の富士塚

富士塚の頂上からの景色

会場の様子

彗星のごとく現れた天才棋士藤井四段の快進撃が目覚ましい将棋界ですが、渋谷区千駄ヶ谷の将棋の聖地である将棋会館の向かい、将棋堂がある鳩森八幡神社にて毎年盆踊りが行わます。

開会の挨拶でもプロ棋士の方々がご挨拶したり、プロ棋士の方が指導対局してくれるブースがあったりと将棋の街の祭りである事を実感できます。

それ以外にも学生が制作したアニメの上映や正調花笠音頭の披露、さらにはちびっ子が書いた塗り絵コンテスト、抽選会などラインナップが目白押しで、近所にこんな夏祭り会場があったら楽しいだろうと思わせてくれます。

また、こちらの神社は日本で一番古い富士塚があり、登頂すれば富士山に登ったのと同じ気分を味わえます。昔、富士山が遠かった江戸の庶民の気持ちを知る良いスポットではないでしょうか。

盆踊りとしては毎年不動の3曲「東京音頭」「炭坑節」「花笠音頭」のみをループで流し続けるうえ、時間も正味1時間程度な為、盆踊り目当ての方は少し物足りないかも知れませんが、子供達にとっては楽しい夏祭り会場であると思います。

(kajix)



池尻稲荷神社

神社の入口

会場の様子

4基並んだ太鼓の響き

世田谷区の池尻にある池尻稲荷神社の境内で行われる盆踊り大会です。

こちらの会場は近隣5町会の連合盆踊り大会で、華やかな揃いの浴衣の皆様が盆踊りに彩りを添えます。また、近隣にある世田谷信用金庫と城南信用金庫の若い方々も大勢踊りに来るので、踊り手が多く初めての人も踊りやすいのがいいですね。

太鼓は「池尻祭興會」の皆様が、大きい太鼓4基を揃えて叩く迫力があるものです。

ここの会場で掛かる「ふるさと音頭」は神田児童公園やこいち祭で掛かるものとは音源が違く演歌調なのですが、なかなか面白い踊りでした。また、東京五輪音頭の際は櫓に上がる方々が日の丸を背中に挿して踊るなど一味違います。

櫓のすぐ脇では出店が立ち並び美味しそうな香りが漂って来るので、いろいろつまみながら踊りたくなる会場ですね。

(kajix)



二子玉川ふれあい広場

会場の入口

会場の様子

子供達がいっぱい

世田谷区の二子玉川で行われる盆踊り大会です。

こちらは玉川町会の方々がリードする会場で、城南信用金庫の皆様が揃いの法被で大勢参加されます。

こちらの目玉はもちろん「新世田谷音頭」ですね。

二子玉川地区だけに多くのお子様が縁日目当に賑わう微笑ましい会場です。

(kajix)



柳橋中央通り

会場の様子

台東区の柳橋中央通りで行われる盆踊り大会です。

こちらの会場は藤間流の先生が仕切る会場で、近隣13町会の婦人部が代わる代わる櫓を務め、「須賀若睦」さんが櫓を挟むように4基の太鼓で盛り上げます。

柳橋は昭和を代表する芸者歌手である、市丸姐さんが晩年に住んでいた事でも有名な地で、その縁も有ってか、こちらでは市丸姐さんのナンバーが多く掛かります。

目玉は市丸姐さんの代表曲である「三味線ブギウギ」と「やなぎブギ」「まんまる音頭」でしょうか。

全曲2回ずつ掛かる事と、比較的踊りは優しいものばかりですので、踊り慣れていない方でも楽しめる会場です。

(kajix)



臨海小学校

会場の様子

揃い太鼓

門前仲町の駅からほど近い臨海小学校の校庭で開催される盆踊りです。
こちらの会場は複数の町会が合同で盆踊りを行っているようで、数種類の揃い浴衣の踊り手さんたちが踊りをリードされています。

さすがに深川だけあって、深川音頭がかかる機会が多く設定されているようです。
また「東京ラプソディ」など他ではあまりかからない曲や、江東区の定番ナンバー「バハマ・ママ」などもかかりますから、初めての方でも楽しめると思います。

また途中の休憩時間では短時間ではありますが、福住太鼓さんの気合の入った揃い太鼓が楽しめます。
かき氷などの露店もあり、多くの親子連れが訪れています。



東深川橋南側横の敷地【江東区】

会場の様子

江東区を流れる小名木川の横の敷地で開催される盆踊りです。
会場はそれほど広くないのですが、地域の方たちで大変にぎわっていてとてもアットホームな印象を受けました。

写真の通り太鼓は若い方たちが叩いているのですが、とてもよく練習されているようで踊りやすかったです。

なお今回は他の会場からのハシゴだったため、他にもかかった曲があったと思われます。



森下公園

会場の様子

都営新宿線の森下駅からほど近い森下公園の盆踊りです。
写真では狭く感じるかもしれませんが、実際はとても広々としていてゆったりと踊ることができます。

江東区ではかかるところが少ない「火の国太鼓」がかかります。

なおこちらの会場は他からのハシゴだったため、ほかにもかかった曲があったと思われます。



KOBOJI SHINGON MISSION

入口の案内

会場の様子

会場の様子

会場の様子

アメリカ合衆国のハワイ州オアフ島にあるワイキキで行われる盆踊りです。

こちらは真言宗の弘法寺の境内で行われる盆踊りで結構雰囲気のある会場です。

主催はKOBOJI SHINGON MISSIONでお寺のお坊さんがPCで曲出しをします。大きい太鼓を打ち鳴らして行われるお寺での盆踊りは否応無しにわくわくしますね。

ここの曲目はJ-popが多く、面白い曲が多いです。振りもそれぞれ作ってあり、年によっては洋楽で踊りもダンスっぽいものになったりと盆踊りを超越した内容になっています。

PPAPなど踊ってみたかったのですが、梯子で訪れた為お目にかかる事ができず残念、、

こちらも「SHINSHU KYOKAI MISSION」と同じく、途中生唄で「Iwakuni Ondo」が掛かります。ハワイではおなじみなのかな?

観衆は多いのですが、踊り手があまりいないのが残念です。見ている方も一緒になって踊ったら雰囲気も良いし最高の場所だなと思いました。

(kajix)