Monthly Archives: 7月 2019



須磨児童遊園

会場の様子


毎年7月中旬ごろに開催される須磨児童遊園の盆踊りです。
今回は途中からの参加だったのですが、到着したときには大勢の子供たちが輪の中でひしめき合いながらダンシング・ヒーローを踊っていました。
大人がこの曲で盛り上がっている会場はほかでも多々見るのですが、ここではほとんどが子供たちで、しかも手を挙げる部分ではみんなこぞって合いの手を入れているではありませんか!
子供たちがこれだけ率先して一体となり、盆踊りに参加している会場はなかなかお目にかかれないですね。
ダンシング・ヒーローが終わると子供たちは自然と休憩、代わりに大人たちがエントリーという感じでした(笑)
なんと最後はダンシング・ヒーロー3連発。でも最後まで疲れ知らずのお子様たちでした。
ちなみに、踊りを先導している方は盆踊ラーの方ですので、新小岩では珍しい曲がラインアップされているのもうれしいポイントですね。



北町会納涼盆踊り大会

会場の様子

足立区の東伊興にある東伊興小学校で行われる盆踊り大会です。

こちらの会場は足立区でもあまり掛からない「新足立音頭」が掛かるのが嬉しいですね。

子供時間は子供向けの曲が充実しているので子供達も楽しめます。

また、他の会場であまり掛からない「げんき音頭」が掛掛かるので、うちわの用意を忘れずに会場に伺いましょう。

(kajix)



竹の塚上町会盆踊り大会

会場の様子

足立区竹の塚にある竹塚神社で行われる盆踊り大会です。

こちらは竹の塚上町会主催で行われる会場で、櫓は町会や近隣の踊り会が入れ替わりでリードする会場です。

太鼓の方々のやる気が凄く、休憩時間中に掛掛けている曲(盆踊り曲ではない)に合わせて太鼓を叩いて下さいました。町会の方々で、とてもアットホームに運営されている素敵な会場です。

(kajix)



小山中村広場(町田市)

会場の様子


曲目


毎年7月の最終土日に開催される、町田市の小山地区で開催される盆踊り大会です。
この近辺では、町内会が互いに応援に回っているためか、かかる曲がほとんど同じなのですが、ご当地曲や都心とは違った珍しい曲が多いので楽しめますね。
また子供の盆踊りタイムがあるのですが、ドラえもん音頭などのアニソンではなく優しめの盆踊り曲がかかるのですが、子供たちがこぞって参加していたのが印象的です。
特に「堺音頭」は手数がとても多い上に向きも時計周り、反時計周り、円心と変わるため難易度の高い曲で踊りごたえがあります。
余談ですがこちらをリードされている先生は、偶然にも昨日お邪魔した西新井出身の方でした。

なお曲目の「南中ソーラン」は、盆踊り開始前のみの正面踊りで、盆踊り最中にはかかりません。



一ツ家第四公園

入り口


会場の様子


今回は、つくばエクスプレスの六町駅周辺で一斉に開催される盆踊りのうち、西側の一ツ家第四公園の盆踊りに参加してみました。
会場には多くの子供たちとその家族が訪れていて、とても活気に満ち溢れていました。
こちらでは、押せ押せ音頭を少々アレンジした踊り方や、手ぬぐいを使った八木節が踊れます。



西新井小学校

会場の様子


太鼓の演奏


真言宗豊山派の寺院である西新井大師の近くにある西新井小学校の盆踊りです。
学校のグラウンドであるため広々踊れる上、ほとんどの曲がオリジナルバージョンの振付なので、聞き覚えのある曲でも別の踊り方で踊れるのがうれしいポイントですね。
小休止の際には、足立区を中心に活動されている和太鼓「禧響」の太鼓の演奏を楽しむことができます。



あすなろ児童遊園

大抽選会

会場の様子


東向島にあるあすなろ児童遊園の盆踊りです。
こちらは今回、第50回の盆踊り大会ということで、3日間にわたって開催される盆踊りの最終日に、大抽選会が開催されていました。
特賞は自転車が2台ということで、櫓の上に緑と青の自転車が乗っかっていました。
それ以外にもお米などが当たるようで、子供から大人まで、抽選券を握りしめて番号が呼ばれるのを心待ちにしていました。
曲も、大塚文雄さんの「TOKYOスカイツリーおどり」がかかるのが珍しいですね。
なお、本日は抽選会が30分以上になったためか、盆踊りは21時半まで延長してくださいました。

ちなみに、すべての曲のテンポがほんの少し速いので、ノリの良い踊りが好きな方は好むかもしれませんね。



諏訪神社(立川市)

東側の参道門


会場の様子


立川市柴崎町にある諏訪神社の盆踊りです。
811年に諏訪大社より勧請された神社で、祭られているのは建御名方神です。
盆踊りは境内の東側駐車場で開催されています。
ビクターの曲が多いと思っていたのですが、こちらの踊りをリードされている先生方はビクターの方々でした。
神社の盆踊りは落ち着いた風情があって心が和みますね。

立川市のご当地曲である「立川音頭」は3種類の音源があるのですが、こちらでは一番古いSP盤の立川音頭がかかります。
歴史ある神社とマッチしているのがよいですね。



ひばりヶ丘団地

会場の様子

西東京市と東久留米市に跨る、ひばりヶ丘団地で行われる盆踊りです。

ひばりヶ丘団地は造成当時、日本住宅公団最大の公団住宅であり、当時皇太子だった上皇陛下も視察に訪れた程の巨大団地です。団地内には野球場・テニスコート・市役所出張所・緑地公園・名店街・学校・スーパーマーケットや交番なども存在し、ひとつの街となっており、盆踊りはその施設のひとつ「たんぽぽ広場」で行われます。

こちらの目玉は「バハマ・ママ」でしょうか。他の会場で掛かるものとは踊りが違い、とてもユニークで盛り上がる振付です。

マンモス団地なだけあって、大変盛り上がるお祭りですので、色々見て回るのも楽しいかもしれません。

(kajix)



前原盆踊り大会

会場の様子

小金井市の前原町にある野川緑地公園で行われる盆踊り大会です。

こちらの会場はお祭りとしてものすごく盛り上がっており、縁日要素がかなり強い会場です。焼きそばや焼き鳥の出店や飴細工に物凄い行列ができており、家族連れや子供達で賑わっていました。

残念ながらご当地の、踊りが素晴らしい良曲「小金井太鼓」は婦人部の方が踊れない為、通常では掛かりません。

踊れる方が数人集まってリクエストする事で掛かりますので、踊れる方数人で伺う事をオススメします。

(kajix)