Monthly Archives: 8月 2016



川南海辺公園

会場の様子

会場の様子

住吉駅と東陽町駅の中間くらいに位置する公園の会場です。
とても広い会場ですから、のびのびと踊れます。
江東区あたりはビクターの毎年系の曲はまずかからないのですが、なぜかここでは「おみこし音頭」がかかりました。

こちらの会場も9時半まできっちり踊らせていただけますから、十分に楽しめますね!

ちなみに中央区や浦安以外では珍しい三笠優子の「平成音頭」がかかります。
といっても中央区とも浦安とも踊り方はほとんど違っていましたけど。
今回は「三島橋公園」からのハシゴでしたから、ほかにも曲がかかったかもしれません。



江東公園

休憩中の様子

休憩中の様子

江東区で開催される盆踊り会場です。
9時過ぎまで開催してもらえるのがうれしいところですね♪

曲数も江東区では多い方です。
途中の休憩時間中では、この辺を担当されている辰巳太鼓の演技があります。

ちなみに、清澄白河行きのバスは9時5分ごろが最終ですからご注意ください。
それを逃したら住吉駅まで歩く方が近いです。
ただ目の前は清州橋通りですから、タクシーは割と多めに通ります。



堅川親水公園(江東橋5丁目側)

盆踊りの様子

盆踊りの様子

江東橋周辺で一斉に開催される盆踊り会場の1つです。
堅川(たてかわ)親水公園は江東橋1丁目から5丁目まで位置する親水公園なのですが、その西側の端で開催されます。
高めの櫓では子供たちが順番で太鼓をたたくのですが、大人が叩いているかと思うくらい上手です!
八木節の太鼓は難しいと聞くのですが、バッチリ叩いています。

なお、高架下のため雨天でも開催されると思います(今回は小雨で、本降りではなかったので実際はわかりません)

近隣では数か所の盆踊りが開催されていますから、休憩時間を利用してうまくハシゴしてみてはいかがでしょうか。



大横川親水公園

盆踊りの様子

盆踊りの様子

さて、江東橋公園の盆踊りの記事にも書きましたが、こちらも錦糸町周辺で一斉に開催される盆踊り会場のうちの1つです。
江東橋公園から徒歩数分のため、開始前に下見に来たところ、写真のように櫓はなく、本当にここで盆踊りやんの?って思っていたのですが、露店の方に聞いたら18:30から開始だそうです。
写真には太鼓は写っていませんが、右端にいましたw
太鼓さんはこの後、円心に移動してきました♪

「憧れのハワイ航路」など珍しい曲がかかります。
また、どこかでお目にかかったことのある方がいるなぁ・・・と思っていたら、東京スカイツリー音頭(相原ひろ子さんの)の舞の会Verを振り付けされた、S先生でした!
S先生がご担当されている会場なのだそうです。

こちらも江東橋公園と同様、特に踊りをリードする婦人部的な団体はいないのだそうです。
行かれる方はぜひ盛り上げてください♪



江東橋公園

盆踊り前の状態

盆踊り前の状態

8月下旬は江東橋周辺が祭りのため、一斉に盆踊りが開催されます。
江東橋公園の盆踊りもそのうちの一つです。

なおこの会場は、踊りをリードする手本の婦人部などが存在しないため、かかった曲を踊れる人がリードするルールのようです。
盆踊ラーの方はぜひリードしてください。

こちらの町会で用意している曲のほか、太鼓さん(?)が持ち込んだ曲もかかります。
町会さんが用意している曲の中には「ばんば踊」もありましたが、今回はかかりませんでした。
(リクエストすればかけてくれるかも??)



北与野駅東口ロータリー

盆踊りの様子

盆踊りの様子

埼玉県の北与野駅前で開催される盆踊り会場です。
広々としたロータリーを封鎖して開催されます。
駅前での開催ですから、迷子になる心配もなし!

与野のご当地曲「与野ふるさと音頭」がバンバンかかります♪
秩父地方のご当地曲「秩父音頭」もかかります。



扇橋公園

盆踊りの様子

盆踊りの様子


8月の上旬に開催される江東区の扇橋公園の盆踊りです。
園内は広々としているのですが、驚くのは太鼓用と踊りの手本用のダブル櫓であることですね。
また、時間も22時までと遅くまでやっているので、他からのハシゴでも十分に踊れます。

かかる曲も江東区あたりでは珍しいラインナップですね。
子供の時間もあったとのことですが、何がかかったかは覚えていません・・・
本部テントに曲目リストがあったと思います。

8月下旬には、ここの近くの江東公園でも盆踊りがあります。



浜町公園大江戸まつり(盆踊り前の区民参加演芸)

盆踊り前の催し

盆踊り前の催し

毎年恒例の浜町公園で開催される「大江戸まつり」ですが、18時半から開始される盆踊りの前にも様々な催しがあるのはご存知でしたか?

日によって異なりますが、中央区界隈の各地のご当地曲を披露する時間帯があり、一緒に踊ることができます。
日本橋音頭、小伝馬町音頭、八丁堀音頭など、通常は各地の盆踊りのときにしか踊れない曲が、この時間帯に踊ることができます。

ただ16時前後なので、天候によっては焼け付く太陽を浴びながら踊ることになるんですよね・・・(;^ω^)
どの日にどんな曲がかかるか等、二日間のプログラムは大江戸まつり盆踊り大会公式サイトのプログラムを参照してください。

大江戸まつり盆踊り大会



大島五丁目公園

開始直後の状態

開始直後の状態


「そらまめ祭り」で有名な江東区大島(オオジマ)の盆踊りです。
園内はとても広々としていますから、ゆったりと踊れます。

今年出来立ての「そら豆祭音頭」もかかります。
江東区は区の代表曲がないばかりか、各地区のご当地曲もほとんどないと思っていたのですが、徐々にできつつあるようですね♪

最初は子供タイムがありますが、30分程度ですぐに大人の時間になります。
そういえば地元の日舞の先生とそっくりな人が櫓にいるなぁ、と思っていたら、まさしく本人でしたw
こちらの町会にまで盆踊りを教えにいらしているとのことでした。

なおこの日、西大島の防災公園でも盆踊りがあったのですが、あちらは昨日の大雨で準備ができず、今年は中止になった模様( ;∀;)
天候が良ければ、西大島の会場とのハシゴも可能ですね!

区議だか衆議院だか知りませんけど、いろいろな先生方3-4人が時間差で訪れていました。
そのたびに数分程度中断するんですよね・・・

ところで子供タイムでは懐かしの(?)グーチョキパー音頭がかかりましたが、ここ用カスタマイズVerの踊り方です。



尾久宮前小学校

盆踊りの様子

盆踊りの様子


荒川区尾久の盆踊り会場です。
尾久だけに尾久長寿音頭が何度もかかります♪

ちなみに5町会合同の盆踊りで、2曲×2回で櫓が交代になります。
でも太鼓のおじさんが威勢の良い方らしく、櫓チェンジは割とスムーズですw

荒川音頭も正調(末開きながら回る)だったと思います。
お祭り音頭はここVerで、添えかざしの部分は反時計方向に進んでいきます(正調は左右に移動する)。
ご当地の「しあわせ通り」もかかりますから、荒川系をマスターしたい方はぜひ。