Monthly Archives: 8月 2016



荒木公園

会場の様子

会場の様子

照明の点滅で盛り上がる会場

新宿区の荒木町にある荒木公園で行われる盆踊り大会です。

こちらは荒木町青年会が主催する会場で、荒木町町会と荒木町商店会、杉大門通り人気会の協賛で行なっています。

小さい公園の中に櫓と模擬店が組まれ、踊り手と模擬店の行列などがひしめき合い大変混雑する会場です。

曲数が多く良い踊りが掛かる会場ですが、特に盛り上がるのは「八木節」と「ダンシング・ヒーロー」でしょうか。終わり間近の八木節とダンシング・ヒーローでは、運営の方が照明を巧みに操りディスコやクラブさながらの雰囲気を醸し出します。

また、ご当地曲の「荒木町小唄」と「平成新宿音頭」が掛かるのも高ポイントで、他の地域では掛からない「いもがらぼくと」や踊りの素晴らしい「まつのき小唄」をお目当てに来る方も多いのではないでしょうか。

会場はとにかく踊るスペースが少ないので、参加者ひとりひとりが他の方々を考えスペースを作る事に気をつけ踊りたいものです。

(kajix)



京華スクエア

会場の様子

雨の日にはこちらの体育館で

雨の日にはこちらの体育館で

二日目の最後に打ち上げられる花火

二日目の最後に打ち上げられる花火

中央区の八丁堀にある京華スクエアで行われる盆踊り大会です。

こちらは京橋七の部連合町会主催の盆踊り大会で、大変人気な会場です。

曲数は中央区では珍しく20曲以上掛かり、良曲が多いのもこちらの盆踊りの特徴です。目玉はやはり「大江戸八丁堀音頭」と「宇宙太鼓」でしょうか。2016年からは亀有Verの「さくら音頭(木津しげり音源)」も輸入し、ますます良い会場となっています。

更に2017年からは御行の松で掛かる「バサラ」と「お江戸チョイチョイ節」がこちらでも掛かるようになりました。どうやらこちらを仕切っているSさんが、S先生から直に習っているそうで、その縁から掛かるようになったそうです。

また、曲が掛かるテンポも早く、同じ曲を連続で掛けない為、飽きさせないのも良い工夫です。

雨の日は敷地内の体育館で踊る事ができるのが嬉しいですね。ただ、人が大勢詰めかける会場なのに中も外も風が通らない為、蒸し風呂状態になるのでタオル必須です笑

二日目の最後には提灯の電気を落として打ち上げ花火が上がりますので、こちらのみに行く方は夏の終わりを感じられていいですね。

(kajix)



荻窪タウンセブン

早い時間からの開催

子供タイムは子供がいっぱい

大人タイムは踊りやすい

大人タイムは踊りやすい

杉並区の荻窪駅直結のタウンセブンで行われる盆踊り大会です。

桃二小学校で行われていた盆踊り大会が、小学校の改修の為代替施設としてこちらで行われる様になりました。

こちらは藤間流の先生が仕切る会場で、太鼓は「暁天」の方々が3時間ぶっ通しで叩きます。司会の方のトーク技術が高くそれだけでとても楽しめる要素となっています。

踊りはこちらでしか掛からない「荻窪音頭」を始めとして「斎太郎節」や「ソーラン節」が目玉です。

中でもこちらのVerの「斎太郎節」は築地本願寺の斎太郎節と全く違う踊りで大変良い踊りなので、この踊り目当てにだけでも来たくなる会場です。

ちなみに「ソーラン節」も大変良い振りなので、この二曲は踊り上手な方にはぜひ踊ってほしい踊りです。

子供の踊りも充実していて「ドラえもんのうた」「サザエさん」「勇気りんりん」「踊るポンポコリン」と振りの全てがここVerになっていて、子供が踊りやすい踊りになっています。

盆踊りタイムは17:00〜という盆踊ラーに大変優しい時間での開催なのも嬉しい限りです。

(kajix)



西神田ファミリー夏祭り

町会所属のプロイラストレーターが作るポスター

町会所属のプロイラストレーターが作るポスター

謎のスノーマンが見守る会場の様子

謎のスノーマンが見守る会場の様子

雨の日は隣の体育館で踊れます

千代田区の西神田公園で行われる盆踊り大会です。

こちらは西神田町会の方々が手弁当で作り上げる盆踊り大会で、町会の方々ひとりひとりが協力し合って盆踊りを開催して下さいます。その為千代田区に有りながら千代田区の民連に頼っておらず独自路線の盆踊りとなっています。

こちらの目玉は、西神田小学校創立80年を記念して作られた「西神田音頭」を編曲した「ニシカンダー音頭」で、町会の方々がオリジナルで振りを付けています。踊りも独特で、掛け声を掛けて踊るとトランス状態になるのが楽しく、毎年アンコールが掛かる大人気ぶりです。

また2016年からは厚澄会提供の「のってのって音頭」厚澄会Verが掛かるようになりました。毎年新曲を加えている会場なので、来年何が増えるか楽しみです。

ちなみに、17:00〜は流しそうめんがあったり、盆踊り時間はスイカが食べ放題だったり、屋台が異常に安くしかも美味かったり、ガリガリ君の曲に乗せてガリガリ君配布タイムがあったり、聖火リレー後に灯された聖火台から謎のスノーマンが出現したりと、仕掛けが満載で、手作りカクテルが100円〜200円で、しかも濃いめ等も自由自在というおトクで楽しすぎる会場です。

そういえば、お昼に行くと浴衣の仕立てや着付けも教えて頂けます。

なんてすごい会場だ!

(kajix)



浦安小学校

会場の様子

浦安駅から程近い浦安小学校での盆踊り大会です。

こちらは浦安市自治会連合会主催の巨大な盆踊り大会で、浦安の自治会婦人部が大勢でリードをしてくださいます。太鼓は浦安太鼓連の方々が大きいサイズの太鼓を大きな櫓に複数配置し、大勢で叩く為にものすごくズシンと体の奥底まで響く地鳴りのような響きが特徴的です。

踊りは都内等に比べ独自路線を行っており、大体の踊りに浦安Verが存在します。そして何と言っても浦安のご当地曲が素晴らしく、「浦安音頭」「浦安ばやし」「浦安盆踊り唄」など、この踊りを踊りにくるだけでも価値のある会場と言えます。

浦安市や市川市などから多くの方の参加があり、都内からも大勢の盆踊ラーが詰めかける市をあげた巨大イベントです。ちなみに市長も盆踊りが大好きで、最初から最後まで踊っていくのが素晴らしいですね笑

(kajix)



芳林公園

会場の様子

大江戸助六太鼓さんによる組み太鼓

千代田区の秋葉原にある芳林公園で行われる盆踊り大会です。

こちらは以前千代田区民踊連盟がリードをしていましたが、今では地元の方々が主としてやっている会場で(民連の地元の方も応援に駆けつける)、一般的な千代田区の曲が掛かる会場です。太鼓は築地本願寺でも叩いている大江戸助六太鼓さんの門下生なので、安心して踊れますね。

AKB48劇場も協賛するまさにアキバの盆踊り大会で、20:30過ぎには抽選会があり、自転車やディズニーのペアチケット等が当たります。

盆踊りが少ない時期に開催してくれるありがたい会場です。

(kajix)



花園小学校

会場の様子

会場で売られる十四代

会場で売られる十四代

新宿区の花園小学校で行われる盆踊り大会です。

花園神社でリードをされている花園町会方々がこちらの会場もリードをしており、近隣の幼稚園の先生や新宿区の区長など色々な方がこちらの会場を盛り立てます。

こちらはご当地の「新宿音頭」と花園界隈で掛かる「りんご節」が目玉ですね。一応ご当地で「花園音頭」がありますが、お遊戯系の踊りで子供向けなのでぜひ一緒に踊ってあげてください。

築地本願寺の盆踊りと同じようにテーブルと椅子が並べられていて、盆踊りを見て楽しむ人と一体となって踊る事ができる楽しい会場です。

この年は盆踊り会場にも関わらず、幻の日本酒「十四代(本丸秘伝玉返し 本醸造)」1杯500円が結構な量で紙コップに注がれるという、超お得な販売もありましたw

(kajix)



神田明神

神田明神の隨神門

神田明神の隨神門

会場の様子

会場の様子

「神田明神」の通称で知られる「神田神社」で開催される盆踊り大会です。

こちらは2016年が初開催の会場で、千代田区民踊連盟と中央区の浜町音頭保存会がリードをする会場です。2017年には「アニソン盆踊り」と銘打ってアニソン音頭をメインで掛ける日も登場しました。神田明神は千代田区と中央区を合わせた108の町会(秋葉原も含む)の総氏子である事からこういった事が実現されています。

「神田祭」を行う事でも有名な神田明神で盆踊りをするといういう事もあって、この会場には盆踊ラーを始めとした大勢の踊り手が集います。踊りの輪は多い時には10重にもなり踊りのスペースが無くなる程です。

曲はリードする人達によって変わり、千代田区の民連がリードする場合は千代田区の課題曲、中央区の浜町音頭保存会がリードする時は中央区の課題曲、アニソン盆踊りの日はアニソン音頭など、日によって掛かるものがガラッと変わるのがこちらの会場の特徴です。その為「銀座カンカン娘」などはリードする方達によって踊りが変わるという面白い事態が起きます。

アニソン盆踊りの評判がものすごく良く、ぜひこちらの定番となってほしいところですね。「クックロビン音頭」なんて他でまったく掛からないですし、これを踊りたい40代はとても多い気がします。

(kajix)



川南海辺公園

会場の様子

会場の様子

住吉駅と東陽町駅の中間くらいに位置する公園の会場です。
とても広い会場ですから、のびのびと踊れます。
江東区あたりはビクターの毎年系の曲はまずかからないのですが、なぜかここでは「おみこし音頭」がかかりました。

こちらの会場も9時半まできっちり踊らせていただけますから、十分に楽しめますね!

ちなみに中央区や浦安以外では珍しい三笠優子の「平成音頭」がかかります。
といっても中央区とも浦安とも踊り方はほとんど違っていましたけど。
今回は「三島橋公園」からのハシゴでしたから、ほかにも曲がかかったかもしれません。



江東公園

休憩中の様子

休憩中の様子

江東区で開催される盆踊り会場です。
9時過ぎまで開催してもらえるのがうれしいところですね♪

曲数も江東区では多い方です。
途中の休憩時間中では、この辺を担当されている辰巳太鼓の演技があります。

ちなみに、清澄白河行きのバスは9時5分ごろが最終ですからご注意ください。
それを逃したら住吉駅まで歩く方が近いです。
ただ目の前は清州橋通りですから、タクシーは割と多めに通ります。